要介護遠ざけ

グラムコンベアー

要介護ものわすれの予防は

要介護の予防、認知症状の先送りは、毎日の暮らしの工夫と、ご本人の気付きが大切なポイントになります。気になることがあったら、栄養士さんに相談してみると、好ましい結果が期待できそうです。すべての基本は、食べること、食べて健康的な日々を過ごすこと。…だから、栄養士さんの出番です。健康な人の栄養指導は、栄養士さんの役目。栄養士さんのアドバイスが大きなチカラになると思います。栄養士さんでなくても、栄養に関心をお持ちの方なら…

なぜ、栄養士さんなのでしょうか。

すべての基本はべること…だから

加齢によって出現する、サルコペニア、フレイル、認知症状、老年症候群…マイナスを意識して遠ざけるたに、身体的な低下の要因につながる栄養状況を見える化します。

生活者と医療の間をつなぐ立ち位置にいる栄養士さんは、いまこそ、ご活躍のタイミングと考えています。

この見える化は、要介護の予防や、認知症状の早期発見にもつながりそうです。

栄養士さんだから、チカラの確認も…

食べることで、人は生きて笑顔になります。その原動力が《食事》です。食べることで行動できることになります。《行動エンジン》が動くことになります。そして、笑顔や幸せを感じる気持ちが動くことになります。だから、食べる栄養士さんが大きなチカラになります。

栄養士さんのワザを生かして健康をご案内

病気になったときの栄養指導は、数字を提示されて、食材や量などの説明為ていただくことが多いようです。しかし、なかなか守れないことが多いようです。目で確認して理解できるように《見える化》して提案するのが、円カロリーです。未病の予防に役立ちそうです。

お集まりのときのエクササイズもご用意…

できれば、少し変化があった…と感じるコトは、ご本人だけではなく、お友だちや周囲の人にも感じていただきたいところです。ひとりで笑うより、みんなで笑った方がね何倍も楽しくなりそうです。

しかも、笑いなが脳トレにもなりそうです。みんなでアイデアを出し合ってみんなが笑えるようにできるエクササイズです。

認知症の人の行方不明者が、18000人と超えました。広域での捜索、地域の連携による早期発見…ということですが、ご本人の《不安》は、どのように考えたら良いのでしょうか。何よりも大切なのは《不安》の最小化ではないでしょうか。そのためには、家から出たらご近所にお知らせする…という現場対応が一番なのではないかと考えます。Smile Picnicについては、ここをクリック