Digniciseは、新オレンジプランでも強調されている「尊厳」を基本に、ご近所の人たちが、ごく自然に 支え
合うことで、「住み慣れた場所」で暮らしていただくことを期待して組み立てたものです。   
    ソーシャルディスタンスLED「チカシン」試作完成    
 
新型コロナウイルスは、感染予防のためにソーシャル・ディスタンスといわれる人との空間をとることが求め
られています。しかし、どこまでが毎日の生活を楽しく過ごせる社会的な距離なのかが分かりにくいので、
の距離をお相手に知らせる めのツールを検討。それが「チカシン」▶ちかいョ…のシンゴウです。
 
 
仲間と一緒に試作してみました。センサーの当たるところでの1mですので、現場でどのようになるか は分か
りませんが、「近いよ…」が伝われば良いと考 えています
コロナウイルスによる緊急事態宣言が解除されると、高齢の方のお集まりの場所は「密」が予想されますので
チカシン」がお役に立つかもしれません。多分、これからもソーシャルディスタンスは気 にしなければなら
ない と思います。
Digniciseを進めるためには、ワイワイ楽しくお集まりいただくことがポイントになります が、ちかい▶密▶
×…。安全を確認しながら、進めていきたいと考えています。