症状ある人の外出をご近所

認知症状先送り

もの忘れ?から

「認知症を支援するご近所環境づくり」のためのツールが、SmilePicnic(スマイルピクニック)です。徘徊行動は、ご本人にとっては必要があってのお出掛け。ピクニックではありませんが、小さな散、近くへのお出かけ、仕事へのお出かけ…といろいろです。しかし、出かけた後、目的や道が分からなくなり、大きな不安を感じるようになります。ご本人の不安を小さいうちに解決するためには、出かけたときにご近所の人が安心確認をしていただくが一番。遠くに出かけてしまって、知らない人に発見されるより、ご近所の見知りにサポートしていただけるようにします。

ご近所ネットの成り立ちには、それぞれの地域の特性が出てくると思いますが、日頃から笑のご挨拶があれば、何かのときにお互いさまの感じになるのではないでしょうか。お集まりは、そのことを少し深くしてくれることを期待しています。

高齢者が多くなり、支え合うことが必要になり、認知症の人が多くなる傾向の中で、笑日をより長くけていくためには、ちょっとした心がけが大きなチカラになります。

また、災害のときなどには、ご近所ネットで見知りになることで、避難などもうまくいくことも期待できそうです。