ひとりで、宴会をやってみる
気分がいいとき、あまり良くないとき、気分転換も含めて、1人で晩酌…ができます。この枠、いくつかの機能をのせています。ワクの中に入れると、グッと安定して、プルトップが簡単にあげられます。横のスタンドにおつまみを立てて、ハサミでカットすれば、準備OKになります。指でつまんでも、お皿に出してもお好みで…。ゆっくり気分をほぐして、ときをお楽しみください。細い缶のための部品も用意しています。飲んだら、ちょっとご飯も食べたくなったりしませんか。
 
お茶碗を安定させて、ご飯を
お皿なら安定して、炊飯器からご飯を入れるのも簡単かもしれませんが、カレーでなければ、お茶碗の方がご飯らしい感じです。マスにお茶碗をセットすると、安定しますので、安心してご飯を入れるコトができそうです。ふりかけをかけて召し上がっても、お茶漬けにしてもいいかもしれません。
卵かけご飯…というのもいいかもしれません。銅の板を立てて、器の上で数回ワレメを入れるようにして中身を出します。少しコツが必要ですが、慣れれば結構楽しみになりそうです。
卵かけご飯を片手でつくる
つまらないことのように感じるかもしれませんが、卵がのって、おしょうゆを少しかけて、箸でかき混ぜるか、スプーンを使って混ぜるか…。お箸の国の人ですから、お箸にこだわってもいいのですが、スプーンで食べやすく、美味しく食べるというのも、いいかもしれません。
お好みで、納豆かけご飯…というのも捨てがたいところではないでしょうか。とにかく、美味しく楽しく食べられればGoodです。
納豆専用台で、グリグリOK
納豆専用につくった台です。白いパッケージをワクに収め、ハサミでフタの端をカットしてカラシと調味料を出します。カラシの袋をハサミで切って出して、調味料をワクの横のスタンドに立ててハサミでカット。納豆にかけてスプーンでグリグリかき混ぜます。結構気持ちよく混ぜることができます。
台が動いてしまうというときには、片手でコントロールできるバークランプをつかうとしっかり留まってグリグリできます。